top of page
  • 執筆者の写真kahana0106

これをやっておかないとやばい…〜いつでもできる簡単なケアを大切に〜

前回は薬は悪なのか?〜薬との適切な向き合い方〜というテーマでお話しさせていただきました!

「薬を悪」とするのではなく、「適切に向き合う」という考え方を持っていただければと思います。

そして適切に向き合い、体質改善が行えれば薬がなくても大丈夫!と言えるようになると思います。

まず大事なことは

「自分がリラックスできること」

このことを大切にしてみてくださいね。


今回は「これをやっておかないとやばい…〜いつでもできる簡単なケアを大切に〜」というテーマでお伝えします!

今回の内容は誰にでも当てはまることですが、妊活をされている方やアレルギーのある子どもには必見の内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください!

最近はコロナの影響で

・マスクをつけることが多くなった

・人と話す機会が少なくなった

・身体を動かす機会が少なくなった

・外出することが少なくなった

・リモートワークでパソコンに向かう時間が多くなった

これらは今では当たり前のようにしていることですが、その結果どんなことが起こっているのでしょうか?

・目を使わなくなる(眼球運動の低下)

・マスクにより耳が固くなる

・話さない、笑わないで顔の筋肉が固まる

など

このような状態になっている方が多くいると思います。

この状態のままにしておくとどうなるのでしょうか?

・自律神経が乱れる

・ホルモンバランスが乱れる

・身体固まり、肩こりや腰痛を誘発する(炎症)

・免疫機能が低下する

このような多くの問題が起こってきます。

顔や耳の筋肉は自律神経との関連や首周り、肩周り、そして背中周りの筋肉とも関係しています。

そのため目や顔、耳の筋肉のケアをすることは首周りや背中周りの筋肉を緩め、身体を休めてくれます。

その結果、炎症を抑えることができ、ホルモンバランスも整ってきます。


では実際どんなケアをしたら良いの?と思う方もいると思います。

例えば

・眼球を大きくゆっくり動かしてみる

→お風呂で温まっている時が効果的

・耳を引っ張ったり、回したりしてみる

・顔回り(顎周り)の筋肉をほぐしてみる

こんな感じで簡単なことで良いんですね。

難しいことは一切入りません。

どこでもできますし、特別なものも入りません。

そして簡単!


これは本当にオススメです!

このあたりの問題は子どもの成長にも大きく影響してきますので、ぜひやってあげてくださいね。

島津 偉匡

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page