top of page
  • 執筆者の写真島津 偉匡

ケガをしない身体作り

みなさんこんにちは!

代表の島津です。



昨日は佐世野球スポーツ少年団の皆さまに対して 「ケガをしない身体づくり」というテーマでトレーニングやストレッチの指導をさせていただきました!






小学生の時は神経系の発達が大きい時期です。



そのため野球の練習をすることはもちろん必要ですが、さまざまな動きを取り入れて神経系を高めていくことが大切になります。




具体的には


・動きの引き出しを増やしていく


・ただ柔らかいだけではなく、コントロールできるようにする


・下半身ー体幹ー上半身の連動性の高める



このような要素を小学生のうちに高めておくとパフォーマンスアップのための土台ができます。





その年代の特徴を知っておけば、そこに合わせた関わりをすることができます。










そして1番大事なことは「楽しむ」こと!




そのスポーツが楽しい、好きだと思えることが大事です。




また親子関係も子どもには大きな影響をあたえます。




今回は選手だけでなく、指導者や保護者の方も一緒になってやっていただきとても楽しい時間でした(^^)




家でも親子で実践していただき、親子の関わりを増やしていっていただければと思います。




今日の

内容が少しでも佐世野球スポーツ少年団の力になれば嬉しく思います!



ご紹介いただきました、おおぞら整骨院の大坂さん


佐世野球スポーツ少年団の皆さま



ありがとうございました!

bottom of page