top of page
  • 執筆者の写真島津 偉匡

コンタクトで最も大切なことは?

みなさんこんにちは!




最近トレーナー活動をしていて「コンタクト」を強くするにはどうしたら良いか?



という相談をよく受けます。






コンタクトと聞くと



・フィジカルを強くする(筋トレなどのトレーニング)


・正しいあたり方を習得する(上半身だけでいかないなど)



など


このあたりを練習すると思います。





ではコンタクトを強くするうえで最初に大切になってくることは何でしょうか?




それは



「恐怖心を持たない」



ということです。




簡単そうですがこれができていない選手が多いように思います。




これができていないと試合で実力を出し切ることができません。




コンタクトの強い選手はフィカルが強いということがあるかもしれませんが、当たることに対して恐怖心がありませんよね。





ここが最も大切なことです。







よくチームでコンタクトの練習しています!



と言われることがありますが、ただ流れ作業のように繰り返しているだけで、ほとんど意味ないのチーム、選手もいるように思います。




練習で軽いあたりしかしていなければそれ以上のあたりをされた時に痛みや恐怖心を感じます。



ここで恐怖心を感じてしまうと逃げたプレーになってしまったり、1歩が出なかったりと本来の実力を出せなくなってしまいますよね。






コンタクトは競技レベルが上がれば上がるほど強くなっていきます。






上を目指すのであれば練習時からコンタクトの強度を意識して練習しておくことが大切です。





そして人間は慣れていきます。





最初は痛い、怖いと思っていても繰り返すことで「大丈夫」と思うようになっていきます。




しかし、試合で当たられて恐怖心を感じでしまったらその試合は終わりです。







そうならないために練習時から「コンタクトの強度」を意識し、「恐怖心を感じない」というところまで当たっておくことが大切です。








私は小学生に指導する際にもコンタクトについて説明してトレーニングをするようにしています。




この年代でコンタクトを当たり前にしておくとこれからの競技人生に置いて必ずプラスになるという考えのもとです。





最初はバランスボールやコンタクトバックから始めて、慣れてきたら対人間で練習していくという流れが良いのではないでしょうか。






この恐怖心をなくすための武器としてフィジカル強化や当たり方の習得が必要になると思います。






まずは「恐怖心をなくす」こと



ここを意識してみるとコンタクトの質は大きく改善していくと思います。




最後までご覧いただき、ありがとうございました!





島津 偉匡

bottom of page