top of page
  • 執筆者の写真kahana0106

肩こりが教えてくれるもの

今回は「肩こりが教えてくれるものとは?」というテーマでお話しします!

肩こりは腰痛同様に国民病と呼ばれています。

「慢性的な肩こりで悩んでいます」

という方は多いのではないでしょうか?

実際のデータとして、全国で行われた調査では73.5%もの人が肩こりで悩んでいると言うデータがでています(第一三共ヘルスケア)。

みなさんは「肩こり」と聞いてどんなことを思いますか?

実は肩こりというは炎症が起こっている状態なんですね。

なので慢性的な肩こりというのは、慢性的な炎症が起こっているということです。

そして慢性炎症があると

・ホルモンの材料が炎症を抑えることに使われる

・細胞を傷つける

・自律神経が乱れる

など

ただ「肩こりがある」だけではないんですね。

肩こりはさまざまな症状と繋がっています。

そしてそのことを肩こりという「サイン」で教えてくれているんですね。

なので肩こりを放置するということは、肩だけでなく、全身の状態を悪くしていく可能性があるということになります。


アトピーやアレルギーなどがある方は、免疫の誤作動によって反応しなくても良いところにまで反応し、炎症を起こしています。

不妊で悩まれている方は、身体も心もストレスを感じて炎症を起こしています。

なのでアトピーや不妊で悩まれている方は「肩こり(腰痛なども同様)」があることがほとんどなんですね。

先ほどもお伝えしたように慢性炎症は細胞を傷つけます。

その結果

・染色体を傷つける

・栄養が入ってこない(良いものを食べても吸収できない)

・自律神経が過敏になる(不眠症、疲れがとれない)

など

このような問題が起こります。

この状態ではアトピーや不妊の問題は解決できませんよね。

ここ大切なことは「まず慢性炎症を抑えること」

※詳細はこちら

そして肩こりは「身体は慢性炎症を起こしているよ」というサインなんですね。

そのサインを受けとり、「たかが肩こり」と思わずしっかりと向き合っていくことが大切です。

自分の身体を、自分自身を大切にしてあげましょう!

今回は「肩こりが教えてくれるもの」というテーマでお伝えしました!

「たかが肩こり、されど肩こり」

身体からサインをしっかり受けとり、しっかり向き合っていきましょう!

そして自分を大切にし、健康で楽しい人生を送りましょう!

島津 偉匡

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page