top of page
  • 執筆者の写真島津 偉匡

2段目は「排泄」 〜便秘はあると細胞は汚くなる〜

更新日:2021年8月6日

前回は妊娠への階段の1段目「消炎」というテーマで妊娠の階段1段目は「消炎」についてお伝えさせていただきました!

まずは慢性炎症を抑えること

そのためには

「自分自身の身体をリラックスさせること」

が大切です。



今回は2段目「排泄」についてお伝えさせていただきます!



まず


消炎時期は何かを入れるというよりも

・炎症を起こしてしまうもの

・内臓に負担をかけてしまうのもの

これらを減らすというマイナスの作業が必要になります。

そして消炎ができたら今度は今回のテーマである「排泄」です。

身体の中にある悪いものを出して(解毒、排泄)、良いものを入れていくという作業が必要になってきます。

この排泄という作業の代表例が「便」や「生理」になります。

ということは

・便秘がある

・正常な月経が行えていない(生理痛がある、生理不順があるなど)

場合は、デトックスが行えていないということになりますよね。

そして忘れてはいけないのが、「心の排泄」です。

妊活中は色々と我慢している方が多いと思います。

なので僕は「話を聞くこと」を意識しています。

妊活をしている方にしっかり話していただき、「身体の排泄」とともに「心の排泄」をしていただくことが大切です。

この役割に資格は入りませんので、近くにい方(旦那さんなど)がしっかりを話を聞いて「心の排泄」を促してあげましょう。


これらの排泄が上手くできでいないと、悪いものが身体の中を回ってしまい、細胞が汚れてしまいます。


もちろん精子や卵子も例外ではありません。

特に精子が汚れていると子宮の免疫が働いて精子を攻撃してしまいます。

その結果、精子が残りにくくなってしまうんですね(抗精子抗体)。

精子検査で問題がなかったから良いではなく、細胞が傷つかないように、より良い状態(キレイに保つ)にするために意識することが大切です。

なので夫婦で取り組むことが必要不可欠なんですね。

便秘はありませんか?

生理中はありませんか?

心に毒が溜まっていませんか?

あなたの身体は何かしらの「サイン」を出しているかもしれませんよ。

消炎同様に身体のサインに目を向け、1つ1つ解消していくことが大切です。

ここまでできれば2段の階段を登ることができます!

次回は階段の3段目「吸収」についてお伝えします!

島津 偉匡

閲覧数:28回0件のコメント
bottom of page