top of page
  • 執筆者の写真kahana0106

3段目は「同化」〜適切な消化・吸収で細胞に栄養を与える〜

更新日:2021年8月25日

前回は2段目は「排泄」 〜便秘はあると細部は汚くなる〜というテーマでお話ししました。

便秘や生理痛は早めに改善を!

そして心の排泄も忘れずに!



今回は3段目「同化(消化と吸収)」についてお伝えさせていただきます!

1段目「消炎」

2段目「排泄」

まずは慢性炎症を抑え、悪いものを外に出す。

次は食べたものを消化し、吸収するという作業です。

どれだけ良いもの食べても消化できなければ吸収することはできません。

なので消化液を出す「肝臓」「胃」「膵臓」などの状態を良くすること、そして吸収するために「腸」の状態を良くすることが大切です。



最近では健康に気を使って食べるものに気を使っている方も多くなってきていると思います。 スポーツ現場でも身体を作るために食事に意識を向けているというチームも多くありますよよね。




2段目のところで便秘などを改善し、しっかり排泄できていればこのあたりは大丈夫ですね。

しっかり吸収できるようになれば細胞に栄養が送られるので、血液検査の結果や肌の調子、身体の調子が良くなってきます。

そして栄養が入ってくるので精子検査の結果が良くなったり、卵子が育つので子宮内膜の状態も良くなってきたりします。

1段目、2段目、3段目と1段ずつしっかりと登っていくと

ちゃんと身体が変化していることを実感できますし

精神的に落ち着いてくることで妊娠に対する気持ちの持ち方も変わってくると思います。

また夫婦関係も良くなってくるかもしれませんね!

そして大事なことはこの状態を3ヶ月とか6ヶ月と継続することです。

このあたりが4段目「適応(免疫)」になってきますので、また次回お伝えしますね。

島津 偉匡

コメント


bottom of page